ささ身と葉野菜のサラダ

生クリームやオリーブ油でふわっと仕上げましょう

暖かい季節になると気持ちが明るくなって、作りたい料理、食べたい味も自然と変わってきます。おうちで気軽に、軽い口当たりのフレンチを作ってみませんか。

「軽やかさ」のポイントは、いくつかあります。使う食材は、肉なら鶏肉、魚ならサーモンがおすすめ。こってりしたソースにしたくないので、バターは使いません。生クリームやオリーブ油でふわっと仕上げましょう。また、酸味は暑さの訪れとともに心地よくなる味覚のひとつ。レモンやいちごを使うほか、ハーブの風味をアクセントにすると、満足のいくおいしさになります。

口当たりを軽くするには、肉や魚をしっとり仕上げることも大事。鶏肉は塩糖水漬けにしてから蒸し煮に、サーモンは低温で半生に火入れをするミキュイにしました。特に塩糖水漬けは便利ですよ。塩と砂糖を溶かした水に肉や魚を一晩漬けると、塩の効果で食材の臭みが取れて下味がつき、砂糖の保水性によってふっくらしっとり。

加熱するとパサつきやすい鶏むね肉には最適で、蒸し煮はその効果がよくわかると思います。しかも塩糖水に漬けた状態なら保存性もアップ。お肉の場合、4~5日は冷蔵できます。覚えておいて損のないテクニックです。

《 材料(2人分) 》

・鶏ささ身…3本
・塩、こしょう…各少々
・ベビーリーフ…1袋
・好みの葉野菜(水菜、レタス類)…2~3枚
・セロリ(細い部分)…8cmほど
・マッシュルーム…3個
・オリーブ油…小さじ1

・いちごドレッシング
 いちご…100g
 レモン汁…小さじ2
 塩…小さじ1/4
 こしょう…少々
 オリーブ油…小さじ2
 サラダ油…小さじ2

《 作り方 》

(1) ベビーリーフと葉野菜を合わせて水に浸け、パリッとしたら水気をしっかり取る。大きなものは食べやすくちぎり、冷やしておく。

(2) セロリは5mm幅に切る。マッシュルームは石突きを除いて薄切りにし、変色を防ぐためにレモン汁(分量外)を適量まぶす。

(3) ささ身は筋を引き、軽く塩、こしょうをふる。

(4)フライパンにオリーブ油を入れて中火にかける。温まったら(3)を並べ、4分ほどかけて火が通るまで両面を焼き、取り出して粗熱を取る。

(5)いちごはヘタを取り、ざるなどで裏漉ししてボウルに入れ、ドレッシングの残りの材料を順に加えて混ぜる。

(6)(4)のささ身をひと口大に裂き、(1)、(2)とともに器に盛り、(5)をかける。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。