瞑想とその効果

瞑想の医学的な効果

瞑想は、集中力を高める、自己コントロール力を上げる、ストレス発散などの効果から多くの臨床現場で使われています。うつ病の再発予防や全般性不安障害、摂食障害などの心身症に効果があるだけではなく、生活習慣病の予防にも有効であると考えられています。また、肩こり・腰痛やがん性疼痛などの痛みを和らげたり、コントロールするために瞑想を勧める医者が増加しています。グーグルやヤフーなど多くの企業でも社員研修・福利厚生で使われていて有効性が確認されています。

瞑想で起こる体の変化

脳機能の向上や自律神経のバランス改善や自己エネルギーの調整で体の活性化が起こるといわれています。

こんな方におススメ

瞑想方法をやってみよう

座って瞑想をするときには、息が入ってきて出ていくのに合わせて膨らんだり縮んだりする身体感覚に注意を向けます。自然の木々が光合成をする様に、呼吸に伴う自分の中のエネルギーに目を向け満たされる感覚に優しく注意します。単に酸素と二酸化炭素の交換の意識に留まらず、気をコントロールするという意識で行うことで活力と集中力が増し、心と体を統合します。途中で雑念が浮かぶこともありますが、それを雑念と認識し、今行っている動作に注意を戻します。呼吸は一分間に6回を目安とし15分以上続けることが望ましいです。

仲間や友人と一緒にやってみよう

一緒の目的を持つ仲間や友人と行うことで1人では続かない事も 周りの影響で続けていくことができます。また、みんなでやる事で効率が向上しより良い結果が期待できます。時には悩み相談を受けながら生活の質を向上させたり、リフレッシュしましょう。